債務整理と進め方

お金

債務整理を行う方法の1つとしてあるのが、個人再生である。個人再生では、裁判所への申請手続きと受理してもらう必要があるため弁護士に相談しながら進めることになる。法律事務所へ直接申し込む方法の他、公的機関の法律相談から始める方法などがある。

詳しく見る

費用を安く抑える方法

男の人

個人再生を弁護士に依頼する事で、複雑な書類や手続きを代理で行ってもらえます。その際にかかる費用には、着手金と報酬金の2つがあります。着手金に関しては、裁判所で個人再生の適用がされない場合でも発生するので注意しましょう。

詳しく見る

再生計画で無理なく返済

男の人

裁判所への申し立てに専門的な知識が必要であるのが、債務整理の個人再生です。しかし、裁判所に認められれば、借金総額が大幅に減額されます。減額された借金を3年間をかけて無理なく返済でき、現在抱えている借金問題を解決できます。

詳しく見る

資産を手放さない方法

男の人と女の人

住宅ローンを組んでおり、他に債務があって返済が難しくなっている人は、法律事務所の弁護士に相談をして、個人再生による債務整理を提案してくれます。自己破産とは違い、大切な住宅を手放す必要がなく、債務を大幅に減額してもらえます。

詳しく見る

メリットを確認しよう

説明

個人再生はマイホームを維持しつつ、借金を整理できる債務整理の1つです。マイホームを手放したくないという人に向いています。自己破産のように全ての借金が無くなる訳ではなく、減額された借金を原則3年間で返済することになります。

詳しく見る

多くのメリット

相談

借金解決有効な手段

個人再生は、借金問題解決で効果的な手段であり多くのメリットがあります。任意整理であると、利息制限法の金利を超過して取引していた期間があれ方は、平均で30%程度減額させることができますが、利息制限法内の規定の金利でしか取引がないと減額はほぼ期待できないです。個人再生であれば、任意整理以上に大幅な減額、最大10分の1まで減額が可能であり原則3年以内の長期で分割で支払いができます。そして、自己破産のように資格制限がありませんので資格を必要とする仕事をしているかたはそのまま継続して仕事ができます。また、借金を作ってしまった理由は問われないです。自己破産であると、ギャンブルや投資、趣味や買い物など浪費で作ってしまった場合に免責不可事由となり自己破産をすることができませんが、個人再生は免責不可事由にかかわらず利用できます。住宅ローンが残っている自宅を処分せずに借金を整理することもできます。以上のようなメリットはありますが、個人再生は弁護士に依頼せず本人で裁判所に申し立てることもできます。しかし、法的な複雑な手続き面もあり弁護士に依頼をして行うのが簡単です。そもそも個人再生は利用条件が限定されているので、その要件に当てはまるのかその判断でさえ難しいです。専門的な知識も必要になってくるので、弁護士にサポートをしてもらうのが最適です。個人で申し立てても再生委員が専任されますが、手続きをサポートしてくれるわけではありませんので、弁護士の助けが必要になってきます。