債務整理と進め方

お金

弁護士への相談について

借金の返済に困り、返済する見込みが立たない場合の選択肢としてあるのが個人再生である。個人再生は、裁判所へ債務の減額を申請し、その申請が取った場合には返済額を一部免除してもらう制度である。債務を整理する方法には、任意整理や自己破産などいくつかの手段があるが、個人再生では自宅などの資産は残したまま債務を整理できることが特徴である。個人再生では債務の一部返済を免除してもらい、残りは計画に沿って返済を続ける仕組みとなっている。これらの個人再生を行う場合には、裁判所に対して申請手続きを行う必要がある。申請手続きでは、専門的な知識が必要なこともあり、一般的には弁護士を通して行うこととなっている。弁護士に依頼して債務整理を行う場合には、まずは借金の借り入れ状況や収入の状況、返済見込みなどを弁護士と相談する必要がある。これらの情報をもとに、どのような手続きで債務整理を行うかを決めることになる。弁護士との相談の結果、個人再生を選択した場合にはそれに沿った手続きを行うこととなる。弁護士への相談では、直接法律事務所へ出向き相談する方法や、公的機関による借金相談などを通して弁護士を紹介してもらい、手続きを進める方法などがある。法律事務所では通常は相談から始まり、実際に手続きを行ってもらうことを決めると着手され、手続きを進めてもらえる。費用は法律相談時から発生するものや、着手から発生するものなど事務所により異なる。