費用を安く抑える方法

男の人

弁護士に依頼するメリット

個人再生を行うメリットは、貸金業者等からの督促が無くなる事です。さらに現在の借金を減額し、自己再生を行う為に適切な額を提示してもらえます。これらの手続きを個人で行うには、複雑で知識も必要になります。この場合弁護士に相談すると、これらの手続きを変わりに行ってもらえます。その際にかかる弁護士費用は、着手金と報酬金になります。個人再生を行う上で弁護士に依頼する事で、過払い金の返金等のメリットもあります。着手金は、個人再生を弁護士に依頼する事で発生する費用です。この時、個人再生が裁判所に適用されない場合でも料金が発生します。費用の相場は、30万前後となっています。次に報酬金は、個人再生は裁判所に認められた際に発生する金額です。こちらの費用は、10万が相場となっています。さらに、ここから裁判所への申し立ての際に必要な申立書に貼る収入印紙の相場が1万円です。申し立てを行う際には、裁判所に予約を入れなければいけません。個人再生が適用された際には官報に個人情報が登録され、その費用として1万2千円が必要です。個人再生を弁護士に依頼し適用されるまでには、様々な費用が掛かります。これらの費用を一括で支払う事が困難な場合には、分割払いに対応してもらえる弁護士に依頼する事も重要です。すべての費用をまとめた金額が、50万円となっています。しかしこの金額は、住宅ローンが残っている場合や裁判所によって異なるので注意しましょう。個人再生の適用がされるのかが不安な場合には、事前に弁護士へ無料相談をしましょう。