資産を手放さない方法

男の人と女の人

報酬は後払いが利用できる

住宅ローンを抱えており、尚且つキャッシングやカードローンなどの債務があり、借金の返済が困難になった人が増加しています。自己破産は裁判所で手続きが完了して、免責が受けられると債務からは解放されますが、大切な住宅などの資産は手放す必要があります。持ち家を手放さずに、借金を大幅に減額してもらいたい人は、法律事務所の弁護士に依頼して、個人再生による債務整理を相談してみると良いでしょう。個人再生は裁判所を介する必要がありますが、住宅などの大切な資産を手放す必要がなく、5千万円以下の債務であれば手続きができます。地元で評価の高い法律事務所を選ぶと、24時間365日いつでも無料で相談ができます。事前に電話で予約を入れておくと、希望の日時に弁護士が借金問題の不安や悩みを相談しやすいです。個人再生は任意整理に比べると、手続きは煩雑ですが、申し立てに必要な書類の書き方を指導してくれます。費用がどれぐらい必要なのか知っておきたい人が多いですが、法律事務所は報酬は後払い制になっており、分割払いで支払うこともできます。個人再生の申し立てをすると、信用情報機関に記録が残ってしまうので、新たにクレジットカードを使ったり、5年から10年ぐらいはローンが組めなくなります。個人再生は多少のデメリットがありますが、借金を大幅に減額をしてもらえるので、毎月の負担を減らすことができます。まずは借金問題に詳しい弁護士にアドバイスを受けましょう。