メリットを確認しよう

説明

マイホームを維持できる

どうしても返済することが難しい借金を背負ってしまった場合、「自己破産」という道を選ぶ人も少なくありません。自己破産の手続きを行い認められれば、今までの借金を返済する義務はなくなり、金銭的な負担から解放されます。しかし、マイホームを持っている人の場合、自己破産で借金を整理してしまうと、マイホームまで手放すことになってしまうので注意が必要です。マイホームは維持しつつ借金の返済を少しでも減らしたい・・という場合は、自己破産ではなく「個人再生」を選んでみてはいかがでしょう。個人再生の場合、住宅ローンを除く総額5000万円以下の借金を整理できる債務整理の方法で、マイホームを残したいという人には特におすすめです。住宅ローンが残っていて借金の整理をしたいという場合、個人再生は大きな味方となってくれる制度と言えるでしょう。ただ、自己破産の場合は全ての借金が無くなりますが、個人再生の場合はこれまでの借金の額によって、減額された借金を原則3年で返済しなければいけません。借金全てが無くなるということは無いものの、マイホームを維持しつつ借金を整理できるという点は、個人再生の大きなメリットです。また、自己破産の場合はギャンブルや浪費などで作った借金の場合、免責が認められないケースもありますが、個人再生の場合は自己破産のような免責不許可事由はありません。ギャンブルに浪費など、どんな内容の借金でも整理できるという点も、個人再生のメリットです。